メールの問い合わせ
施工紹介 SHINKO PICK UP 情報 リンク一覧 スタッフ求人募集 協力業者募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > よくある質問

よくある質問

SHINKO『Q & A』

このページでは、お客様より度々ご質問される内容と、それに対する回答をまとめております。弊社に依頼されるときの参考にしていただければ幸いです。

Q:見積りは無料ですか?
はい、無料です。現場調査をさせていただいた上でのご案内になります。

Q:メールアドレスや電話の相談をしたら営業電話が増えませんか?
お客様の個人情報はプライバシーポリシーを基にお守り致しております。
また、弊社では頻繁な営業電話・メールマガジン配信等は一切行っておりませんのでご安心ください。

 


OAフロア(フリーアクセスフロア) Q&A

Q:OAフロアの種類はどのくらいあるのか?
A:一言にOAフロアといってもさまざまな種類があります おもに下記の種類となります

素材 プラスチック製 スチール製 アルミ製 コンクリート製
形状 □600mm □500mm □450mm(□465mm) □250mm
工法 置き敷き工法、置き敷きピット工法(溝型工法)、調整脚工法(レベル調整型工法)、テーブル工法

Q:それぞれの特徴は?
A:素材別 工法別で下記が概要となります

素材別特徴 プラスチック製 スチール製 アルミ製 コンクリート製
・軽量で建物への負担が少ない
・安価である
・レベル調整が可能
・床下空間が広い
・ガタつきが出にくい
・軽量である
・非磁性である
・軽量である
・レベル調整が可能
・重量板対応できる
・歩行感が良い
充填パネル
・スチール製の特徴に加え歩行感が良い
工法別特徴

●置き敷き工法(OAパネルは接着等で固定せず 置いていくタイプ)
施工が早くできるため 短期間で施工ができます。 接着剤は使用しないため
賃貸物件への使用に適しています。
多くの配線収納を可能とするピット式(溝型)OAフロアもあります。

●調整脚工法(パネルの四隅を支持脚で支え、敷き込むタイプ)
レベル調整が可能なため 不陸の悪いスラブ面に適している
また 床下空間が多くとれるため 床下空間を有効的に使用できます。
配線の取り回しが容易にできます。


Q:どこにどのタイプが適切なのか
A:素材別に下記を参考にして下さい

プラスチック製 オフィス事務所 貸店舗 他
スチール製 オフィス事務所 コンピュータ室 学校 銀行 官公庁関係 他
アルミ製 クリーンルーム コンピュータ室 病院 電気室 他
コンクリート製 オフィス事務所

Q:工事日数はどのくらいかかくの?
A:例としては 300㎡の施工なら 3日で工事できます(現場状況による)
オフィスフロアリニューアル工事を週末に完成させることができます

Q:OAフロアにするメリットはなんですか?
A:基本メリットは床下に空間をつくることで配線関係を収納することができ安全で清潔な職場環境を整えることができることです
また 床下空間ができるため空調効果もあります(冬は暖かく 夏は涼しい床環境をつくります)

Q:OAフロア、フリーアクセスフロアの耐荷重性能とはなんですか?
A:パネル1枚に対して中央へ荷重をかけ試験を行い、パネルが耐えうる中央集中荷重(N)が
どのくらいかをいいます。(JAFA規格に準ずる)

Q:OAフロア、フリーアクセスフロアの耐震仕様とはなんですか?
A:㎡あたりの積載荷重が300kg/㎡、500kg/㎡等の時に、許容水平加速度(G)がどのくらいの仕様なのかを言います。(JIS A 1450 フリーアクセスフロア構成材試験方法に準ずる)

Q:ウイスカとはなんですか?
A:「ウイスカ」とは、電気亜鉛メッキ処理をした部材から発生する針状の亜鉛結晶でを言います。
電気亜鉛メッキ皮膜内の内部応力や温度環境が要因で発生すると考えられています。

OAフロア、フリーアクセスフロアの床下は、電算機等による発熱を冷やすために空調ダクトとして使用されている他、配線や配管収納スペース等に使用されます。電気亜鉛メッキ処理された部材から発生した「ウイスカ」はメンテナンス等の際で部材から飛散し、床上のコンピュータ等に侵入し電気回路をショートさせシステムエラーを引き起こす原因となっています。


■「ウイスカ」顕微鏡写真 「ウイスカ」顕微鏡写真
■「ウイスカ侵入による電算システムエラー」 「ウイスカ侵入による電算システムエラー」



OAフロア比較表(弊社見解参考資料)

比較項目 スチール充填パネル(ウッドコア) スチールパネル(中空) コンクリートパネル 置敷パネル



サイズ □500×24mm □500×28mm等 □500×29mm等 □250、□500等
床高さ H=50~対応(調整タイプ) H=50~対応(調整タイプ) H=50~対応(調整タイプ) H=40~100
重量 26kg/㎡ 16kg/㎡程 47kg/㎡程 (樹脂パネル)10kg/㎡程
中央集中荷重 3000N・5000N 3000N・5000N 3000N 2000N・3000N







床下空間 四隅支持脚タイプのため床下空間は広く確保ができる 同左 同左 (溝型)ピット部のみの空間
(パネル型)脚部が多いため床下空間が狭い
配線変更の容易性
(カーペットのパネル着脱容易性)
着脱は非常に楽である
仕上材との1:1貼りが可能
床下空間内で自由に変更可能
同左 重量があり、着脱困難
床下空間内で自由に変更可能
(溝型)ピット部のみ可能
配線取り出し容易性 パネルに配線取出し口有り
設備用パネル有り
同左 設備用パネルにて対応 (溝型)ピット部により決まる
(パネル型)パネルに配線取り出し口有り


歩行感 スチールパネル内に充填材が
あるため土間に近い歩行感
若干やわらかい歩行感 土間に近い歩行感 若干かるい歩行感
歩行音 目立った歩行音なし 軽量であるため
歩行音が若干あり
目立った歩行音なし 土間の状況により歩行音が若干あり
ガタつき・経年変化 支持脚は接着、パネルは固定のためガタつきは少ない
経年変化は最小である
ヒズミの経年変化可能性あり パネルにクラックが入る経年変化可能性あり 土間状況でガタつきあり
樹脂劣化の経年変化の可能性あり


リサイクル処分性 ウッドコア(木製)とスチール使用なのでリサイクル処分性が良い スチール製のためリサイクル処分性は良い リサイクル性はあるが処分性は悪い リサイクル処分性は良い
間仕切施工対応性 パネルに取付可能 同左 パネルへの取付不可 オプションパネルにて対応可能


耐震性 支持脚は土間へ接着、パネルは固定耐震性は良い 同左 同左 固定されていないため耐震性は悪い
◎:良い ○:普通 ▲:やや問題あり

このページのトップへ